写真提供:呉海上保安部
クリックすると大きな画像になります。

2004年5月26日撮影 上蒲刈島・蒲刈町大浦

蒲刈荷島灯台
かまがりにしまとうだい
位置 北緯34度11分33秒 東経132度45分43秒
初点灯 1973年(昭和48年)3月26日
塗色 白色
構造 塔型コンクリート造
灯質 単閃白光 毎4秒に1閃光
光度 560カンデラ
光達距離 8海里 約14.8km
高さ 平均水面上から灯火まで9.6m
地上から構造物の頂部まで7.8m

 この灯台の電源は、太陽エネルギーを使用しており、地球に、環境に優しい灯台です。(呉海上保安部)
「荷島は上蒲刈島の東約180メートル沖に位置しており、無人島の中では最も接近しています。この島はひょうたん型をしており、別名「夫婦岩」と呼ばれ、島の一部に灯台と祠がまつられており、しめ縄がかけられています。干潮時には陸続きになるので歩いて渡ることもできます。
(瀬戸内マザーシップbyインターネット博覧会より)


灯台フォトギャラリーへ戻る