豊島港小野浦防波堤灯台
とよしまこうおのうらぼうはていとうだい
位置 北緯34度10分32秒 東経132度48分01秒
初点灯 1968年(昭和43年)10月29日
塗色 白色
構造 塔型 プラスチック造
灯質 単明暗緑光 明3秒暗1秒
光度 920カンデラ
光達距離 9.0海里 約16.7km
高さ 平均水面上から灯火まで14.1m
地上から頂部まで10m
農道橋としては広島県内最長(543m)の豊浜大橋のすぐそばの豊浜漁港の灯台として1968年に「豊島港一号防波堤灯台」の名前で新設されましたが、防波堤の延長にともない、1993年11月24日に名称変更して現在の灯台に生まれ変わりました。
ハロゲン電球(22V−100W)を使用。
(呉海上保安部)

豊島港小野浦防波堤灯台
呉海上保安部提供
豊島港小野浦防波堤灯台 豊島港小野浦防波堤灯台
豊浜漁港と豊浜大橋
豊浜大橋

灯台フォトギャラリーへ戻る